Enkido(エンキドー)は人類最古の物語である「ギルガメッシュ叙情詞」に登場する英雄から取った名前です。「ギルガメッシュ叙情詞」は最古のシュメールの物語で、5000年前のメソポタミア時代のものと言われています。また、偶然にもEnkidoは日本語の「円軌道」にも聞こえます。

English

*

 

*

 

神が人間の一生を1000年から70年に短く変えたゆかりの地であるウルグ国の王となったギルガメッシュ。

ギルガメッシュは、同じ誘惑のもと同じ大望に託されたため、人間がさらに短い一生を宣告されることを考えた。

ギルガメッシュは自分と対照的な、「審判の人」であるエンキドーと友人になる。エンキドーは、問題は新しい強制に関わらずできる限り行ってみることだと見ていた。

 

*

ギルガメッシュの主張で、彼らは神の決定を変えるよう天に向かう

途中で彼らは天の多くの間違い――混雑している門や内部の砂漠――に遭遇する。

天の門で、エンキドーは人間と神々の間のただ一つのコミュニケーションである怪物ハンババの後をつける。エンキドーはハンババに鼻輪をつけて、それをその腕で縛り、天に入る。

神々は決定を変えることを拒否する。エンキドーは「運命の牛」を殺す。

エンキドーとギルガメッシュは人間の不満を知る。彼らは他の神との良いコミュニケーションを構築することが人生のすべてであると結論し、そして自分達の国に帰った。